小菅砦・天神山城
 
 
主郭跡北の堀切
所在地 山梨県北都留郡小菅村川久保
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 標柱・石碑・案内板
史跡指定 小菅村指定史跡
 
室町時代 小菅遠江守信景が小菅城を築く
天正10年(1582) 小菅忠元は織田軍と戦い討死する
 
参考 小菅城跡案内板・甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
奥多摩駅から西東京バスで小菅役場前まで乗る
バス停から登山道入口のある箭弓神社まではとても近い
小菅保育所の西側からも大手道が残っている
小さな城跡だが見どころは十分
堀切の規模はなかなか大きくて楽しめた
土塁は主郭跡だけに残存している
コンパクトながら満足度の高い山城だった
登りもほとんどないのが嬉しい
熊出没注意の看板はなかったと思いますが
念のため鈴ぐらいは持参してください
 
小菅城跡 三の郭跡の堀切 三の郭跡
二の郭北の堀切 二の郭跡 帯郭跡
主郭跡 主郭跡の土塁 城山中腹からの眺め
 
 小菅村は東京都の最果てとなる奥多摩町をさらに越えた山奥の村でした。何度か車で通ったことはありましたが土地を歩いたのは初めてです。大菩薩峠の登山道があるので登山をされる人には多少の馴染みがあるのかもしれません。
 ここに至る道のりはとても遠かったです。青梅線で奥多摩駅まで乗り西東京バスに揺られること1時間で小菅村役場へ到着。バス停から小菅城の登山道入口までは歩いて5分ぐらいですが、12月だったので吐く息が真っ白になる寒い日でした。箭弓神社にある案内板に目を通して山道を登ること5分ぐらいで城跡へ到達しました。ここまでの比高差は70m程度ですから楽勝ですね。
 小菅城は武田信昌の命により小菅遠江守信景が築き甲斐と武蔵の国境の監視と黒川金山の警備という重職を任されていました。小菅氏はその統治期間に小菅村と丹波山村の寺社の再興や建立を行うなどして領内の発展に寄与しています。武田氏滅亡後は北条氏を迎撃した功により徳川家康に召し出されて旗本となり、昔の同僚だった加藤氏の旧領上野原を与えられています。
 小さな山城ですが遺構はとても良く残っていました。遺構に立て札が設置されているのも好感が持てます。小さな村ですから財政豊かとは思えないのですが、訪問者に対しての便宜が図られていることに感心しましたね。
 植林されているために眺望は良くないですが、主郭跡のベンチで食べたおにぎりが旨かったな。帰りは南へ続く大手道を下りてみました。九十九折れの山道は麓の保育園まで続いています。保育園の隣にある小菅小学校は屋敷と呼ばれ、城主の居館が置かれていた場所です。
 バスの時間まで少し余裕があったので歩いて30分程の小菅の湯に立ち寄ってみました。10時の開館と同時に到着したので空いていました。気持ちの良い露天風呂でしたが、帰りのバスの発車時間が11時20分だったので烏の行水ですね。30分ほど湯に浸かり、隣接する道の駅で買い物をして足早にバスへ乗り込みました。バスは1日数本しかないので訪れるのが大変ですが、澄み切った空気とのどかな山村の雰囲気を味わえて楽しい一日を過ごすことができました。
2016/12/15
 
公共交通機関 地図リンク
JR青梅線「奥多摩」下車
西東京バス「小菅の湯」行きで「小菅役場前」下車
城跡までは徒歩5分程度
特記事項