深草館
 
 
土塁
所在地 山梨県北杜市長坂町大八田
遺構 郭・土塁・水堀
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 北杜市指定史跡
 
保元元年(1156) 逸見光長が築いたとの伝承あり
戦国時代 武田氏に仕えた堀内下総守が居城する
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
長坂駅から路線バスはあるが本数は少ない
駅からは歩いて40分ぐらいで北に谷戸城がある
妙喜院の北西にあたり南側に案内板がある
僕は北側の田園地帯から城へ入った
土塁の規模が大きくて迫力を感じる
小川を水堀としているが藪が凄くてよく確認できていない
南東にある民家がおそらく居館跡と思われ
背後を巨大な土塁で守られている
 
深草城跡 水堀 北郭跡
北郭跡の土塁 南郭跡 南郭跡の水堀
 
 平安時代末期に逸見氏が築いたという伝承が残りますが、確かなのは戦国時代まで堀内氏の居城であったことぐらいです。谷戸城を訪ねようと北杜市まで出かけたときに深草城は必ず立ち寄ろうと思っていました。北杜市はバスの本数が少ないので苦労します。
 まだ夏草が生い茂る9月初旬でしたが、城内は意外なほどにすっきりとしていました。適度に樹木が伐採され草刈りもされているようで、ほとんどストレスを感じない中で散策することができたのはありがたかったですね。事前の知識を上回るような立派な土塁と堀は感じ入るものがあります。あまり大きな城だと歩き疲れてしまいますが、これぐらいの規模だとじっくり見て回ることができていいですね。
2015/09/03
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「長坂」下車
城跡までは徒歩40分程度