小和田館跡
所在地 山梨県北杜市長坂町大八田
遺構 消滅
現状 宅地・農地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
年代不詳 木原氏の構えた屋敷と考えられる
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 中央自動車道により分断されており、圃場整備により消滅していました。東側を流れる鳩川が水堀の役割を果たしていたことぐらいしか館跡らしさを感じることはできませんでした。歴史不詳の館跡ですが、出土した硯に木原新七郎の刻銘があったことから木原氏の館跡と考えられます。農作業中のお婆さんに谷戸城の道を尋ねたときに「○○さんの息子さんでしょ」と聞かれました。よっぽど自分によく似ているようでしきりに「そっくりだ」と言われました。北杜市の役場に勤めているそうで、逆に会いたくなりましたねぇ。谷戸城から帰るときにまたここを通ったのですが、そのお婆さんがまだそこにいて挨拶したら、やっぱり「本当によく似てるねぇ」と言われました。北杜市には僕の影武者がいるんですなぁ。
2015/09/03
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「長坂」下車
館跡までは徒歩30分程度