主郭跡
所在地 山梨県北杜市長坂町中丸
遺構 郭・空堀
現状 農地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 逸見清光が塁を築くとの伝承あり
天正10年(1582) 天正壬午の乱で北条氏が中丸砦を築く
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
中丸砦跡 北側の空堀 東側の空堀
 
 長坂駅から県道を白州町方面へ下った場所にあり、駅から徒歩で30分ぐらいの場所にあります。道路を挟んで藤武神社の反対側に広がる台地上が砦跡ですが、今では一面の畑と化していました。何も残らないと思って素通りしようと思いましたが、時間が少し余ったので寄ってみました。
 確かに畑なんですがね、農道を歩くとそれなりに砦のかたちがわかります。堀切らしい地形もあるし、自分が歩いている農道こそが郭を囲む堀跡であることに気づいたのは帰宅して画像の整理をしていたときでした。意外とここで長々と寛いでしまい、長坂駅では次の汽車が来るまでずいぶん長い時間待ちぼうけを喰らう羽目になりました。
2015/09/30
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「長坂」下車
砦跡までは徒歩30分程度