道喜院
所在地 山梨県北杜市大泉町谷戸
遺構 消滅
現状 道喜院
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 谷戸淡路守が居館を構える
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 武田信虎の時代に谷戸淡路守が館を構えていました。天文3年(1534)に淡路守は屋敷内に道喜庵という堂宇を建立し、慶長元年(1596)に城向山道喜院となったということです。寺院の由来を刻んだ石碑にもそのことが記されています。
 安楽寺までを含めた一帯が館跡の範囲と思われ、安楽寺側は切岸のような地形がありましたが、居館を構えるにはやや狭隘な印象を受けました。とても不便な場所で長坂駅から歩いて1時間近くかかりました。9月初旬ですから暑いのなんので、軽い熱中症になりましたね。
2015/09/03
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「長坂」下車
道喜院までは徒歩60分程度