茶臼山城
 
 
二の郭跡の土塁
所在地 山梨県北杜市大泉町谷戸
遺構 郭・土塁・空堀
現状 史跡公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 国指定史跡
 
平安時代末期 逸見清光が築いたとの伝承あり
天正10年(1582) 天正壬午の乱で北条氏が修築し利用する
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版・谷戸城跡案内板
 
 
長坂駅からは徒歩でざっと1時間
城跡はよく整備されており夏でも見学可能
主郭を囲む土塁や螺旋を描くような横堀が見どころ
面白かったのは土塁の内側に堀があることだった
吉野ヶ里遺跡にもこのような構えがある
東側にも横堀が良い状態で残っていた
暑くて意識朦朧となり西側などは見ていない
歴史館も本当なら行きたかった
 
谷戸城跡 大手の空堀 東郭群の横堀
三の郭跡 南西の虎口 二の郭跡
二の郭跡の土塁と空堀 主郭跡 主郭跡の土塁
 
 谷戸城は甲斐源氏の祖となった源義清の子逸見清光が築いた城とされます。見晴らしの良い小高い丘で開拓領主の館としては理想的です。清光は正治元年(1199)に谷戸城内で亡くなっていますから、清光の居館がここに置かれ、時代の変遷とともに拡張されていったのではないかと思います。
 甲斐源氏のルーツとも言える城ですが、谷戸城の歴史はあまり明確に伝わっていません。甲斐守護といっても室町時代の武田氏は盤石な体制を築くことができず、絶えず国人領主との争いに明け暮れていました。武田氏が甲斐を掌握するのは武田信虎の登場を待たねばなりません。
 武田信玄の時代に全盛期を迎える武田氏ですが、谷戸城は信濃出陣の中継地点とされたようです。若神子城と並んで武田氏にとっては神聖な城として扱われたのではないかと思います。わかりませんけどね。武田氏滅亡後は北条氏が天正壬午の乱で谷戸城を修築したとされています。
 9月初旬だったので本当に遠く感じました。暑さで意識が遠のく中を頑張りました。長坂駅からの路線バスはあてにならないし歩くしかなかったというのが正直なところです。深草城に立ち寄ったあと、北に見える丘が谷戸城かと思っていたら全然違う丘で、谷戸城はその奥にありました。
 さすがに国史跡だけあって駐車場もあり整備も行き届いていました。各郭に案内板が設置されているので自分がどこにいるのかがすぐにわかるのも好印象です。軽い熱中症になりかけていたために歴史館などには立ち寄りませんでしたが、またここは訪れてみたいかなと思います。
2015/09/03
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「長坂」車
城跡までは徒歩60分程度