山高屋敷
 
 
西側の土塁
所在地 山梨県北杜市武川町山高
遺構 土塁
現状 実相寺
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 一条忠頼が居館を構えたとの伝承あり
室町時代 山高氏が居館を構える
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
実相寺 南側の土塁 西側の土塁
山高神代桜    
 
 神代桜で有名な実相寺は武川衆を形成した山高氏の居館跡です。山高氏は一条時信の子信方を祖とする甲斐源氏の一門であり、戦国時代には武川衆の一員として武田氏に仕えていました。樹齢2千年という神代桜は確かに見事な巨木ですが、樹齢についてはちょっと眉唾ものだと思います。遺構は西側と南側の土塁が残っています。
 この日は武川衆の城館跡を訪ね歩くことがテーマでした。日野春駅からここまで歩いてきたのですが、実相寺に着いた頃に靴擦れを発症してしまい苦戦を強いられることとなりました。ここから白州町まで歩いたのですから、我ながら見事な忍耐力だったと思います。
2015/09/30
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「日野春」下車
北杜市民バス「西村入口」行きで「実相寺入口」下車
館跡までは徒歩15分程度