幸燈神社
所在地 山梨県北杜市武川町山高
遺構 消滅
現状 幸燈神社
目標物 案内板
史跡指定  
 
室町時代 山高信方が居館を構える
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版・幸燈神社案内板
 
 
屋敷跡付近の現況 高龍寺 山高氏墓所
 
 日野春駅からここまでは途中の道不案内もあって1時間ぐらいかかりました。山高集落の奥にある幸燈神社が山高氏の屋敷跡と伝わり、北西の高龍寺に山高氏歴代の墓があります。東の実相寺も山高氏の居館跡と伝わる場所なので、一族はいくつかの屋敷を構えていたのでしょう。幸燈神社のほうは初期の居館ではないかと思います。明確な遺構はありませんが、幸燈神社の入口は堀の名残のように思えます。
 山高氏は室町時代に一条時信の子信方を祖とします。戦国時代には武田氏に仕え、同族の強い絆で結束した武川衆を組織していました。山高親之は川中島の戦いで戦死した武田信繁の首を上杉軍から奪い返すという活躍を見せています。武田氏滅亡後の武川衆は徳川家康に仕え、子孫は旗本として続いています。
2015/09/30
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「日野春」下車
北杜市民バス「西村入口」行きで「山高入口」下車
屋敷跡までは徒歩20分程度