弥太郎屋敷
 
 
屋敷跡の石碑
所在地 山梨県北杜市武川町柳澤
遺構 消滅
現状 農地
目標物 石碑・案内板
史跡指定  
 
室町時代 柳澤弥十郎信興が居館を構える
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版・柳沢氏屋敷跡案内板
 
 武川町の柳沢集落が柳澤氏の故郷です。辺鄙な場所なので車で訪れるほうが無難です。県道が大きく蛇行する場所の南にある農地が屋敷跡推定地ということですが、氾濫原であるため遺構は早くに失われています。推定地には石碑と案内板が設置されているので探しやすいと思います。
 一条時信の六男青木時光が柳澤氏の祖先であり、後裔の弥十郎信興が柳澤村に館を構えたとされています。室町時代に武田信長が守護代跡部氏と激しく争ったとき、柳澤氏や山高氏といった武川衆は信長に味方し多くが討死を遂げました。武田信虎が甲斐を統一すると武川衆はその被官となり、武田信玄と勝頼父子にも仕えて様々な合戦に従軍しています。武田氏滅亡後は徳川家康の家臣となり、天正壬午の乱でも北条氏を相手にして地の利を生かした戦いぶりを見せています。家康が天下を得ると幕臣となりましたが、柳澤氏は武川衆の中でも出世頭となり、甲府城主となった柳沢吉保を輩出し幕閣の中枢となりました。
2015/09/30
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「日野春」下車
北杜市民バス「西村入口」行きで「柳沢下」下車
屋敷跡までは徒歩5分程度