屋敷跡標柱
所在地 山梨県北杜市白州町花水
遺構 消滅
現状 若宮八幡神社
目標物 標柱
史跡指定 北杜市指定史跡
 
年代不詳 曲渕氏が屋敷を構える
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 中央本線の長坂駅から白州町方面へ抜ける花水坂を下りたあたりが曲渕氏の屋敷跡です。清泰寺の南西一帯で今も曲渕姓の方が居住しています。若宮八幡神社には屋敷跡の標柱が建っていますが案内板はありませんでした。
 曲渕氏は武川衆の一員ですが、発祥の地は中巨摩郡なので武川衆の中では新参ということになります。武田信玄に仕えた曲渕勝左衛門吉景はいろいろな逸話を残す武士として有名です。板垣信方に仕えていたことから相当の古参ということになります。信方が戦死すると山県昌景に仕え武功を重ねて出世しています。
 この吉景という人は何か気に食わないことがあるとすぐに訴訟を起こすことで知られていました。訴訟の数は70回を超え、勝訴は1度だけだったというから相当の変わり者だったようで、さすがの信玄も呆れていたようです。本人は大真面目だったのでしょうが、何やら笑ってしまいますね。同僚にこういう人がいたらちょっと嫌ですけどね。
 武田氏滅亡後の主君となった徳川家康は吉景を気に入っており、新参ながら五百石を与えています。曲渕氏はその後も幕臣として続き、江戸時代後期には曲淵景漸が名奉行として活躍しています。訴訟好きの吉景の末裔が今度は裁く側に回ったのだから世の中面白い廻り合わせだと思いますが、血は争えないというべきか景漸も舌禍事件で奉行から降格させられています。筋の通った性格が周囲には煙たく感じられたのかもしれませんね。
2015/09/30
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「韮崎」下車
山交タウンコーチバス「下教来石」行きで「台ヶ原中」下車
屋敷跡までは徒歩30分程度