屋敷跡の現況
所在地 山梨県北杜市白州町白須
遺構 消滅
現状 白州保育園
目標物 標柱
史跡指定 北杜市指定史跡
 
戦国時代 馬場美濃守信春が屋敷を構える
天正3年(1575) 信春、長篠の戦いで討死
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 馬場美濃守信春は武田二十四将の中でも山県昌景と並んで最も有名な武将と言えるでしょう。その屋敷跡は現在保育園となっていました。園庭の片隅になぜかセスナ機があるのですが、手前の植え込みの奥にひっそりと屋敷跡の標柱がありました。
 信春の事跡についてはいろいろな本で書かれているので割愛しますが、合戦上手で築城の名手としても知られ、主君武田信玄にも諫言できる名臣として知られています。信春は教来石氏の出身でしたが、名家馬場氏が途絶えていたのを惜しんだ信玄は信春にその名跡を継がせました。屋敷跡は門が残る自元寺とする説もありますが、どちらが正しいのかは今となってはわかりません。
2015/09/30
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「韮崎」下車
山交タウンコーチバス「下教来石下」行きで「白須下」下車
屋敷跡までは徒歩15分程度