所在地 山梨県北杜市白州町横手
遺構 空堀
現状 宅地
目標物 標柱
史跡指定 北杜市指定史跡
 
戦国時代 横手氏が屋敷を構える
永禄11年(1568) 横手満俊、駿河花沢城の戦いで討死
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版・武田一族のすべて/新人物往来社
 
 横手氏の屋敷跡は少しわかりづらい場所でした。迷ったら安福寺を探すのが早道だと思います。お寺の南西が横手屋敷跡となります。遺構は南側に残る空堀だけですが、東側を流れる水路は当時の水堀だと思われます。そうなると南側に現存する堀も水堀だったのかもしれません。武川衆の一員として活躍した横手氏ですが、武田氏滅亡後は徳川家康に仕え天正壬午の乱では北条氏と戦っています。
2015/09/30
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「日野春」下車
北杜市民バス「西村入口」行きで「横手下」下車
屋敷跡までは徒歩10分程度