中山砦跡遠景
所在地 山梨県北杜市武川町横手
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 北杜市指定史跡
 
戦国時代 武川衆が拠った山城
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 武川町と白州町の境目にそびえる標高887mの山城です。同族武士の集合体である武川衆が拠った砦とされています。この日は日野春駅を起点として武川衆の居館跡を訪ね歩いて長坂駅から帰路に就きました。それほど暑くもなかったのですが、いきなり靴擦れを起こしてしまったこともあり山城へは登りませんでした。
 中山砦へは林道から中山峠へ出て尾根沿いに登るのがいちばんわかりやすいようです。9月の終わりということもあり、スズメバチもいるし、何よりも熊が活発に行動している時期ですから、ビビッて登らなかったというのが真相です。未知の山城に単独で登るのはいつも怖いですからね。遠巻きに眺めただけの中山砦ですが、土塁や三日月堀が残されているので、ぜひ再訪したいと思う山城のひとつです。
2015/09/30
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「韮崎」下車
山交タウンコーチバス「下教来石」行きで「台ヶ原中」下車
登山道入口までは徒歩40分
城跡までは徒歩30分程度
特記事項