新府中韮崎城
 
 
本丸跡の土塁
所在地 山梨県韮崎市中田町中篠
遺構 郭・土塁・空堀・水堀
現状 藤武神社
目標物 標柱・案内板
史跡指定 国指定史跡
 
天正9年(1581) 武田勝頼が新府城を築く
天正10年(1582) 勝頼、新府城に火を放ち退去する。天正壬午の乱では徳川家康の本陣となる
 
参考 中世城郭事典/新人物往来社・戦国武田の城/有峰書店新社
 
 
新府駅から歩いて15分程度で着く
道路沿いに駐車場や案内板が設置されて便利になった
東側からの比高差はさほど感じられえないが
西側から見ると七里岩の上に傲然と聳えている
一部土塁が破壊されてはいるが概ね良好に残っている
急仕上げの城とは思えないほど土塁の規模は大きい
北側には水堀が良い状態で残っている
 
新府城跡 大手桝形虎口 三日月堀
二の郭跡の土塁 主郭跡の土塁 主郭跡の土塁
主郭跡 勝頼主従の墓標 搦手の土橋
搦手の馬出 東出構 北側の水堀
 
 武田氏最後の居城として知られる新府城はとても美しい城跡だと思います。先入観もあるのでしょうが、陰鬱とまではいかなくても少し寂しげな雰囲気を漂わせています。覚えているだけでも5回以上は訪れていますが、真夏の快晴の日以外は霧雨や小雪が舞う中を歩いたり、真冬の夕闇迫る中を散策した記憶しかありません。だから自分の中での新府城はいつもモノクロームやセピア色に彩られているのでしょう。
 着工から8か月あまりで築かれた急仕上げの城ですが、遺構の規模はさすがに武田氏の意地を感じさせます。分厚い土塁や武田氏得意の丸馬出しと三日月堀の組み合わせも見られます。特に北側に残る出構は新府城以外ではあまり見られない防御思想を感じる遺構です。
 せっかく完成した新たな居城をすぐに放棄せざるを得なかった武田勝頼の心情を思いやると悲しくなりますね。本当に無念だったと思います。次々と家臣を失い、親族までが離反をしていく中、最後まで甲斐源氏の惣領としての意地を貫いた勝頼の思いが詰まった新府城。いつ訪れても静けさに包まれているように感じます。でも、それが新府城の魅力だと僕は思っています。これほど好きな城は他にあまりありません。
2008/06/27・2009/12/30・2014/10/21
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「新府」下車
城跡までは徒歩15分程度