日ノ城・鷹巣城・向原砦・絵見堂山砦
 
 
主郭跡の石碑
所在地 山梨県韮崎市穂坂町三之蔵
遺構 郭・土塁・空堀
現状 農地
目標物 石碑・案内板
史跡指定  
 
永享年間(1394〜1441) 武田信長とそれを支援する日一揆の拠点となる
永享5年(1433) 輪宝一揆と荒川原で戦い敗れた武田信長は甲斐を去る
天正10年(1582) 天正壬午の乱で徳川軍が日ノ出城を修築する
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
国道141号線の駒井交差点または絵見堂交差点から
塩川を越えた断崖上に城跡がある
県道616号線沿いに城跡入口の道標がある
城跡は中央自動車道で寸断されており
郭跡も一面のブドウ畑となってしまっているが
高速の跨線橋近くに城跡碑と案内板がある
一揆が取り立てた砦だから大規模な築城ではなかっただろう
よく見て歩くと堀跡の段差や土塁が散見される
 
日ノ出城跡 空堀 土塁
 
 国人衆の勢力拡大に追われた武田信長が武田氏再興のために拠ったのが日ノ出城だ。お家再興に賭ける信長と日一揆の願いが籠った城だが、その結末と同様に城跡は無残なまでに破壊されている。一揆が集った城跡だからそれほど凝った造りではなかったと思うが、中央自動車道は城跡のある山や丘を選んだように粉砕して建設されているのが無性に腹が立つ。
 遠目に見ると荒々しく雄々しい城跡だ。どうやっても攻め込めないような感じがする。何も残っていないに等しい城跡だけど、自分はなんとなく好きな城で2回ばかし訪れている。新府城から歩いて歩けないこともない距離だが、ちょっと遠いか。
2004/03/21・2014/10/21
 
公共交通機関 地図リンク
中央本線「新府」下車
城跡までは徒歩60分程度
特記事項