舞鶴城・一条小山城・赤甲城・甲斐府中城
 
 
二の丸跡の石垣
所在地 山梨県甲府市丸の内
遺構 郭・石垣・水堀
現状 舞鶴城公園
目標物 案内板
史跡指定 山梨県指定史跡
 
平安時代末期 一条忠頼が一条小山城を築く
大永元年(1521) 武田信虎が一条小山城を修築する
天正13年(1585) 徳川家康が平岩親吉に甲府城の築城を命じる
天正18年(1590) 羽柴秀勝が甲斐一国を与えられ甲府城の築城に着工する
天正19年(1591) 加藤光泰が新領主となり甲府城の築城を継続する
文禄2年(1593) 浅野幸長が21万5千石で甲府城に入る
慶長8年(1603) 徳川義直が25万石で入封
元和4年(1618) 徳川忠長が23万8千石で入封
慶安4年(1651) 天領時代を経て徳川綱重が15万石で入封
宝永元年(1704) 柳沢吉保が15万石で入封
享保9年(1724) 柳沢吉里が大和郡山へ移封となる。以後、大名は置かれず廃藩置県まで天領となる
 
参考 城郭と城下町/小学館・中部の城/小学館・甲府城パンフレット
 
 
甲府駅そのものが清水曲輪にあたるのでアクセスは楽
山梨県庁を過ぎて道標に従って行けば良い
訪問が容易な半面、官庁などで破壊もされているが
本丸と二の丸を中心としてよく残っている
これぞ総石垣造りと言いたくなる見事な城だ
近年は稲荷櫓や山手御門が再建されて見どころが増えた
躑躅ヶ崎館と要害山城も併せて廻ることが可能だ
 
甲府城跡 鍛冶曲輪の石垣と水堀 内松陰門
天守曲輪の石垣 中の御門跡 鉄門
本丸天守台 本丸天守台 稲荷曲輪と天守台
稲荷曲輪 復元された稲荷櫓 復元された山手御門
 
 山梨県の城館探訪をするときは甲府駅を起点とすることが多いので甲府城には何度も立ち寄っている。なぜか甲府城へ訪れるときは雨模様ばかりで快晴の城跡を訪ねたことがなかった。一度くらいは青々とした空をバックに石垣や櫓の写真を撮影したいものだと思っていたが、南部町の山城を訪ねる機会があり、身延線の発車時間まで暇を持て余したので快晴の甲府城を訪れてみることにした。こういうときに駅から近い城跡はありがたい。1時間足らずで主要部分の見学ができた。
 訪れるたびに新たな見どころが増える感じだ。山手御門も稲荷櫓も平成に入ってからの木造復元だから一味違う。石垣は修復工事のあと、新しく積み直された箇所が目立つが、こういうのはどうなんだろう。役所と土建屋の癒着ってなくならないんだろうなぁ。昭和以降に積み直した石垣って地震や台風が発生するとすぐに崩れてしまうから逆に心配だ。全然修復になってないことが多いから。それと城跡の景観を破壊することを目的にしたような高層住宅が建設された。あれも写真撮影するときに邪魔になる。城の周囲に高い建物を建設しようという神経がわからない。
 ちょっと愚痴ばかりになっちゃったけど、甲府は綺麗な街だと思うし、武田氏をはじめとする史跡や寺院が多くて楽しい。最近は甲府駅から武田神社までの道のりも武田家臣団屋敷跡の標柱が設置されて退屈しなくなった。
2007/05/06・2016/10/29
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線・身延線「甲府」下車
城跡までは徒歩5分程度