南側の水堀
別 称 武田館・古府中館
所在地 山梨県甲府市古府中町
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀・水堀
現 状 武田神社
目標物 石碑・案内板
史跡指定 国指定史跡
訪問日 2004/01/03
2007/05/06
2008/12/20
2015/04/17
 
永正16年(1519) 武田信虎が築く
天正9年(1581) 武田勝頼が新府城を築き家臣屋敷も新府へ移る
天正10年(1582) 徳川家康が接収。浅野氏の統治下で廃城となる
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
中世城郭事典/新人物往来社
城郭探検倶楽部/新人物往来社
戦国武田の城/有峰書店新社
図説日本名城集/学研
 
 
JR中央本線・身延線「甲府」下車
山梨交通バス「武田神社」行きで終点下車 徒歩1分
 
 
大手馬出跡 大手虎口 東曲輪跡の空堀
中曲輪跡の石垣と土塁 中曲輪跡の天守台 西曲輪跡の虎口
西曲輪跡 西曲輪跡の虎口 西曲輪跡の土橋
西曲輪跡の土塁と水堀 西曲輪跡の土塁と水堀 梅翁曲輪跡の水堀
 
 武田家隆盛の象徴とも言える居城であり、信虎から勝頼までの約60年に亘る居館となった。水害に悩まされた武田信虎は石和館を引き払い、古府中に居館を移し、同時に詰めの城として要害山城を築いた。大永元年(1521)に今川勢が甲斐に侵入したときに信虎は窮地に追い込まれるが、家臣団の奮戦により撃退に成功している。ただ、この戦いで躑躅ヶ崎館だけでは心もとないことを痛感した信虎は、一条小山城、湯村山城の支城を築き、古府中全体の守りを固めている。戦国大名の居城としては珍しく鎌倉時代を彷彿とさせる言わば古式な居館であるが、信玄もその生涯を通じて躑躅ヶ崎館で暮らしている。これが人は石垣、人は城の由来となっているのだろう。
 甲府駅から北へ真っ直ぐ伸びる道の突き当たりが躑躅ヶ崎館跡であり、現在は武田神社の境内になっている。改変もあるだろうが、その威容は今も武田氏の栄華を存分に感じ取ることができる。武田氏滅亡後に入った徳川氏、浅野氏の時代に改修を施されており、随所に見られる石積や天守台の遺構は武田氏が滅んだあとに築かれたものとされている。
 朱塗りの橋がかかる武田神社の参道が大手と思われがちだが、本来の大手は東側の目立たない場所となっている。大手馬出は発掘後、史跡として整備され、最近は家臣団の屋敷跡も発掘調査がされている。武田神社境内を中心に遺構は良く残されているが、一方で梅翁曲輪は宅地化により少しずつ遺構が消滅しつつあるのが残念でもある。
 はじめて躑躅ヶ崎館を訪れたのは高校3年の春休みだった。3月の穏やかな晴れた一日だったが、とても感動したことをよく覚えている。それから何度も甲府には訪れているが、時間があれば躑躅ヶ崎館に立ち寄っている。いつ訪れても四季折々の顔を見せてくれる安らげる場所となっている。