河尻秀隆館
 
 
河尻塚案内板
所在地 山梨県甲府市岩窪町
遺構 消滅
現状 宅地・農地
目標物 案内板
史跡指定 甲府市指定史跡
 
天正10年(1582) 武田氏滅亡後、織田信長の家臣河尻秀隆が屋敷を構える
 
参考 河尻塚案内板
 
 武田討伐の軍目付として活躍した織田信長の重臣河尻秀隆が甲斐の統治をするために築いた館。秀隆にしてみたら得意絶頂の時代だったろうに、それもすぐに暗転してしまう。本能寺の変で信長が死ぬと織田家の領国はてんやわんやとなった。それでも自国にいる連中はまだいい。悲惨なのは関東や信越などの遠国に赴任した武将たちだ。言ってみれば占領軍である。残党もいれば領民たちも警戒心を抱いている。乱暴狼藉の停止令が出ていたとしても多少は占領軍らしい横暴もあったと思う。そんな場所で孤軍となったら正気ではいられまい。
 実際その通りとなった。秀隆は自分を助けようとした徳川家康の使者を疑心暗鬼のうちに斬ってしまい、その混乱のうちに武田旧臣による一揆が蜂起して殺されてしまった。遺体も逆さに埋められたというからほとんどなぶり殺しにされたと見た。秀隆は暴政を布いたり残党狩りを行って武田の遺臣を冷遇したというが、こうした逸話は江戸時代に流布されたのだろう。徳川家康にしてみたら甲斐を手に入れる千載一遇の好機だ。それも領地とセットで信玄の薫陶を受けた甲州軍団が手に入るのだから。
 その悲劇の場所はやっぱり寂しい場所にあった。あまりよく覚えていないけど、武田信玄の墓は地図に記載されているし道標もあるので迷わずに行くことができる。墓所の前にひっそりと河尻塚への道標がある。細い路地を入っていったような記憶がある。そこに古めかしい案内板があった。信玄の墓と比べたらどうでもいいような扱いだった。
2007/05/06
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線・身延線「甲府」下車
山梨交通バス「積翠寺」行きで「護国神社入口」下車
館跡までは徒歩15分程度