石水寺丸山城
 
 
主郭跡の土塁
所在地 山梨県甲府市上積翠寺町
遺構 郭・土塁・堀切・石積み
現状 山林
目標物 石碑・案内板
史跡指定 国指定史跡
 
永正17年(1520) 武田信虎が築く
大永元年(1521) 今川氏の侵攻により信虎の妻大井氏は要害山城へ移り晴信を出産
天正10年(1582) 武田勝頼が滅ぶ
 
参考 中世城郭事典/新人物往来社・戦国武田の城/有峰書店新社
 
 
積翠寺の東に登山道入口がある
標高780m、比高差280mの厳しい登山が待ち受ける
登り始めて15分もすれば郭や竪堀があるので飽きない
虎口の造りが立派なので驚嘆するうちに主郭へ着いた
山頂に見事な桝形の区画と土塁があり驚いた
主郭を過ぎて東尾根を行くと巨大な堀切と竪堀がある
個人的にはこの堀切がこの城の醍醐味だと思う
その規模からはまさに守護の山城という威厳を感じた
あと、一度行きたいと思っていた要害ホテルは
残念ながら惜しまれつつ閉館してしまった
 
要害山城跡 竪土塁 虎口
不動曲輪跡 虎口 虎口
主郭跡の虎口 主郭跡の土塁 主郭跡
主郭跡背後の堀切 堀切に残る石積み 東尾根の郭跡と竪堀
東尾根の堀切 東尾根の石積み 積翠寺
 
 躑躅ヶ崎館はいつも多くの人で賑わっている。観光バスで訪れる団体客も多いが、要害山城まで足を延ばすとさすがに人影もまばらだ。それでも時折ハイカーと行き交う。無理なく登れる山で道も整備されているから、健康づくりを兼ねて訪ねる人も多い。まん丸いお椀を伏せたような山だけど、実際に登るとかなり奥行きがあることがわかる。
 この城の虎口の厳重さが大好きで都合4回ぐらいは訪れていると思う。いつもは主郭跡とその背後の堀切を見て帰るけど、年末に戦友と訪れたときは尾根を縦走して熊城へと歩いた。このときは面白かった。これでもかと続く尾根上の堀切や竪堀をじっくりと楽しんだものだった。
 はじめて訪れたときは山のてっぺんに広大な主郭があることにびっくりした。山頂は小さな郭があるだけなんだろうなと思って登ったら、相当に広い郭が広がっていたから驚いた。そこに武田信玄誕生地の碑が建っているけど、麓の積翠寺にも同じ碑がある。いったいどっちなんだろう。
2004/01/03・2008/12/20
 
公共交通機関 地図リンク
中央本線・身延線「甲府」下車
山梨交通バス「積翠寺」行きで終点下車
登山道入口までは徒歩15分
主郭跡までは徒歩40分程度
特記事項