主郭跡の石積み
所在地 山梨県甲府市上積翠寺町
遺構 郭・土塁・堀切・石積み
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 武田氏が築く
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
日吉神社から東へ入ると尾根への取り付きがあるが
要害山城から尾根伝いに縦走するほうがわかりやすい
分岐があったらとにかく右へ右へ進めば着くはず
石積みも見事だが巨大な堀切と連続竪堀が凄かった
あとは尾根を南西へ下れば一通り見学できる
最後は石切場みたいな場所を経て麓へ着く
最近は熊城も知られてきたので訪問者も増えたはずだ
要害山城から道標を設けるなりの便宜を図ってほしい
 
熊城跡 堀切 大堀切
主郭跡の土塁 主郭跡の石積み 石積み
二の郭跡 二の郭跡の土塁 堀切
南斜面の連続竪堀 堀切 城跡からの眺望
 
 まだ、20代の頃に要害山城へ登った。そのときはもう熊城のことは知っていたが迷ったら嫌なので行かなかった。要害山城からはっきりと熊城の堀切が見えたが、それがずっと忘れられないでいた。一人で行くのはちょっと心細いと思っていたが、戦友とともに要害山城から熊城まで遺構を存分に味わいながら縦走することができた。
 その名のとおり熊がいる山だから訪問は冬場に限る。12月の澄み切った空と突き刺すような冷たい空気がたまらない。要害山城を楽しんで尾根伝いに歩き熊城の堀切に出くわしたときは感動だった。大きい堀切だったが、その向こうにさらに大きな堀切が待ち受けていた。見惚れて堀切を下りるときに転倒した。堀底に転がり落ちたのだが幸い怪我はなかった。アドレナリンが放出しているから痛さなんて感じないまま主郭跡の石積みを見てまた大喜びし、斜面を恐々下りて連続竪堀を見て大騒ぎ。狂乱しながら尾根を下った。気づいたときにはカメラのレンズキャップを失くしていた。
2008/12/20
 
公共交通機関 地図リンク
中央本線・身延線「甲府」下車
山梨交通バス「積翠寺」行きで終点下車
登山道入口までは徒歩30分
城跡までは徒歩45分程度
特記事項