神宮寺屋敷跡
所在地 山梨県甲府市下積翠寺町
遺構 石積み
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
年代不詳 神宮寺氏が居館を構える
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 小学校、中学校時代の友人に神宮寺君がいた。小学校4年のときに転校してきたけど、どこの出身かは聞かなかった。子どもの頃に転校してきた子にいきなり「甲斐源氏なの?」とはさすがの自分も言わない。
 甲斐の山城と館の神宮寺屋敷の項を読むと武田信義の末子が神宮寺六郎実義と名乗ったという。躑躅ヶ崎館に近い場所に屋敷を与えられているところを見ると一門衆に準じた扱いを受けているように思える。今も一族は健在で本家と思われるお宅は石積みが残っているのだが、あまり近づいて写真を撮るのは遠慮した。ごくごく普通の民家だから地図の掲載は控えます。
2015/04/17
 
公共交通機関 地図リンク
中央本線・身延線「甲府」下車
山梨交通バス「積翠寺」行きで「神宮寺」下車
屋敷跡までは徒歩3分程度
地図掲載せず