天狗山城
 
 
主郭跡
所在地 山梨県甲府市御岳町
遺構 郭・土塁・堀切・石積み
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 御岳衆が拠る
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
金桜神社から東を見ると雄々しい岩山がある
この山こそが御岳城跡で西側は登攀不可の岩場だ
東側に回ると明確ではないが道がある
あるお宅の墓所となっているのでうっすら踏み跡がある
岩場を這い上がると墓所のある郭へ出る
その上に主郭があるが細尾根を無理やり郭にした感じだ
真っ直ぐに伸びる郭を歩くと二重堀切があるが
自分はそこまで行けなかった
 
御岳城跡 郭跡 郭跡
虎口 金桜神社 昇仙峡
 
 御岳衆から説明しよう。平素は蔵王権現の社人であり、戦時には武田氏に従い軍役を担う集団だった。その職務柄、諜報活動もしていたのだろう。御岳衆は下条氏、千野氏らで形成されており、交替で警備にあたった要害が御岳城である。
 名勝として知られる昇仙峡のそのまた奥にある山城で、甲府駅から金桜神社などを経由するルートで路線バスが走っている。金桜神社方面から見る御岳城は垂直に切り立った岩盤で形成された峻険な山城の姿を見せている。
 比高130m程度であり、主郭手前に墓地と社が描かれているので見た目よりはずっと楽な登りになると思っていた。事はそうそう上手くは運ばないもので、一度、東側に回り込み登山道を探し当てたものの、途中の祈願所という立て札のある場所で道はほとんど消えてしまい、そこからはかすかな踏み後と登りやすい傾斜を選びつつ登ることとなった。まだ熊が徘徊している時期であり、おまけにここへ登った5日前には長野県で震度6の大地震が起きたばかりだった。山肌は垂直の岩場であり、西側に滑落したら即死間違いなし。御岳城を訪れる半年前の5月に飯能の山中で熊と遭遇していた。それからというもの山城歩きに恐怖を感じてしまい、スランプから抜け出せないまま当日を迎えた。恐怖を払拭したい一心で登ったのだった。
 勇気を振り絞り登り始めて20分ちょっとで山頂に着いた。ここからがまた大変で、南北に長細い尾根上に展開する郭が2つ合わせて100mほどの距離がある。その向こうに二重堀切があるのだが、前日までの雨と落ち葉で何度か足を取られ、西側の絶壁を想像して足がガクガクする。それほど大がかりな遺構があるわけでもなく、主郭だけ見てそそくさと下山した。
 帰り道はバスが来ないのでのんびりと昇仙峡まで歩いていった。紅葉真っ盛りの昇仙峡は美しい。中国の水墨画に描かれる山みたいだ。寒かったから甘酒で体を温めて平瀬の烽火台へ歩いていったのだが、おかげで烽火台へ登るときにはすっかり恐怖に打ち勝っていた。そんなこともあって自分はこの御岳城に特別な思いを持っている。
2014/11/28
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線・身延線「甲府」下車
山梨交通バス「清川経由昇仙峡滝上」行きで「夫婦木神社」下車
登山道入口までは徒歩15分
城跡までは徒歩25分程度
特記事項