愛宕山砦跡
所在地 山梨県甲府市愛宕町
遺構 消滅
現状 県立科学館
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
永正年間(1504〜21) 武田信虎が築く
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 人は石垣、人は城と言ったのは武田信玄だが、そのわりには武田氏領内の城の数は多い。躑躅ヶ崎館の周辺だけでも無数の城砦や烽火台がある。どれだけ造れば気が済むんだというぐらいに。
 酒折駅から板垣郷を歩いたあと、躑躅ヶ崎館へ向かうため山越えをした。当日の天気予報は晴れで降水確率も0%だったが、そこは自他ともに認める雨男の自分だ。愛宕山砦へと向かう山道の途中で土砂降りになった。初めから遺構がないことは知っていたが、烽火台としての機能を確かめるべく訪ねてみようと思った。現地からその眺望を楽しもうと目論んでいたが雨で台無しになってしまった。実際のところは単に通り道だったから。
2015/04/17
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「酒折」下車
砦跡までは徒歩60分程度