浄正院
所在地 山梨県甲府市酒折町
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
年代不詳 酒依氏が屋敷を構える
天正3年(1575) 酒依昌光が長篠の戦いで討死
天正8年(1580) 酒依昌元が上野国膳城攻めで討死
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 板垣越中守という武士が酒依郷に居住して酒依氏を称したという。つまり酒依氏は甲斐源氏一門ということになろう。戦国時代には酒依越後守昌元という武士が上州膳城で討死していると伝わる。天正8年(1580)に武田勝頼が膳城を攻撃したときのことだろう。昌元の子昌光も長篠の戦いで戦死しているから、昌元は子に先立たれたことになる。子孫は徳川家康に召し出されて幕臣となった。
 場所は確定していない。甲斐の山城と館では浄正院の西側一帯が屋敷を構えるに好条件の場所と推定されている。早い話が酒折駅の北側一帯が推定地というわけである。航空写真で見ても何となく方形居館らしい地割に見える。酒依氏という姓を見るとアルコール依存症を連想するなぁ。
2015/04/17
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「酒折」下車
屋敷跡までは徒歩3分程度