平瀬城山
 
 
虎口跡の石積み
所在地 山梨県甲府市平瀬町
遺構 郭・石積み
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 武田氏が烽火台を置く
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
平瀬烽火台跡 掻き下ろしの斜面 二の郭跡
 
 甲府駅を9時半ぐらいに出発したバスで御岳城へ訪問した。バスの本数が少ないのでそこからは歩いて昇仙峡へと立ち寄った。紅葉真っ盛りで美しいのなんので疲れも吹っ飛ぶぐらいだった。ただ、昇仙峡も入口から出口までは長い。五月雨岩や猿岩と見た頃には見飽きた。うまくしたもので見飽きたあたりで昇仙峡は終わる。ドライブインが建ち並ぶあたりから千代田湖方面への道を行く。
 途中、昇仙峡の観光馬車がいた。牧童が馬に飼葉を食わせていたが、この馬がまた北斗の拳のラオウが跨る馬ぐらいでかい。普段、競馬場で見るサラブレッドより二回りは大きい。馬体は真っ白だったけど自分の中で黒竜と名付けた。黒竜と出会ってすぐに平瀬の烽火台が見えた。円錐形のいかにも烽火台ですといった山容だ。別荘地になっているのかな、とにかく山の中腹まで車道があって楽だった。道の突き当りから直登すること10分足らずで山頂へと着いた。岩がゴツゴツしていて登りにくい山だ。山頂は平坦に均されて小さな祠がある。落ち葉の下から石積みが顔を出していた。虎口が綺麗に残されているのが印象に残っている。郭の周囲にも石積みがあったが烽火台だから造りは単純だ。オレンジに染まった木々が綺麗だったな。
2014/11/28
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線・身延線「甲府」下車
山梨交通バス「昇仙峡滝上」行きで「平瀬入口」下車
城跡までは徒歩30分程度
特記事項