石和館
 
 
水堀
所在地 山梨県甲府市川田町
遺構 水堀
現状 農地
目標物 案内板
史跡指定  
 
室町時代 武田信昌が居館を構える
永正16年(1519) 武田信虎が躑躅ヶ崎館を築き川田館は廃される
 
参考 川田館跡案内板
 
 
案内板 二宮神社  
 
 甲斐を統一した武田信虎が起居した川田館は石和温泉駅のすぐ西に位置している。二宮神社の東に広がるブドウ畑一帯が館跡で案内板もあった。地図で見ても長方形の館の形が残っており、当時の水堀と思われる用水路で囲まれている。御所曲輪と呼ばれるあたりには土塁の痕跡が残るとされるが明瞭なものは見当たらない。発掘の結果で信虎時代のものと見られる陶器などが見つかっている。今では何の変哲も無い農作地だが、ここで武田信虎が甲斐統一を達成したと思うと多少は感慨深いものがあった。
2007/05/06
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「石和温泉」下車
館跡までは徒歩10分程度