聖道屋敷
 
 
聖道屋敷付近
所在地 山梨県甲府市古府中町
遺構 消滅
現状 宅地・農地
目標物 案内板
史跡指定  
 
戦国時代 海野二郎信親が屋敷を構える
天正10年(1582) 信親、武田勝頼の自刃を知り自害する
 
参考 武田一族のすべて/新人物往来社・海野信親屋敷跡案内板
 
 躑躅ヶ崎館を見終えて要害山へと向かう途中だった。積翠寺へ向かう道路が直角に折れる付近に石塔があり、小さな案内板に目をやると聖道小路と呼ばれた土地で海野信親の屋敷が構えられていたと書かれていた。信親は天文10年(1541)に武田信玄の次男として生まれた。母は正室の三条夫人である。嫡男義信は父信玄に自害させられたから、本来なら武田氏の世継ぎとなるべき人だった。それが幼少時に盲目となる不幸を背負ったために若くして出家し龍宝と号した。信親は信濃の名族海野氏を継ぎ半僧半俗の生活を送り「御聖道様」と呼ばれている。
 信親の人となりを伝える逸話は少ないが、温厚で家臣からもその人柄を慕われていたという。盲目という境遇や早くに出家の身となったこともあり慈悲深く名家の次男坊にありがちな尊大さなどは持ち合わせていなかったのだろう。
 織田軍が甲府へ侵入したとき、信親は入明寺に匿われていたが、弟の勝頼が天目山で自害したことを知って自害した。信親の嫡男信道は長延寺の住職となり、江戸時代には高家として存続し現在も武田氏の嫡流として続いている。
2008/12/20・2015/04/17
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線・身延線「甲府」下車
山梨交通バス「積翠寺」行きで「神宮寺」下車
屋敷跡までは徒歩5分程度