武田信廉屋敷跡
所在地 山梨県甲府市古府中町ほか
遺構 消滅
現状 宅地・農地など
目標物 案内板
史跡指定  
 
戦国時代 躑躅ヶ崎館を中心に武田氏家臣の屋敷が構えられる
 
参考 現地案内板
 
 
飯富虎昌屋敷跡 小山田信茂屋敷跡 土屋昌続屋敷跡
原昌胤屋敷跡 板垣信方屋敷跡 高坂昌信屋敷跡
甘利虎泰屋敷跡 馬場信春屋敷跡 穴山信君屋敷跡
山県昌景屋敷跡 小畠虎盛・小幡昌盛屋敷跡 真田幸隆屋敷跡
真田信綱屋敷跡 内藤昌豊屋敷跡 三枝守友屋敷跡
武田信繁屋敷跡 秋山信友屋敷跡
 
 いつ頃からかわからないが、甲府駅から武田神社へ真っ直ぐ伸びる武田通り沿いを中心に武田二十四将に名を連ねる武将たちの屋敷跡を示す標柱が設置された。伝承地だが古地図に描かれているから信憑性がまったくないわけでもない。何よりも武田神社まで歩くあの退屈さを紛らわせてくれるのがありがたく思える。
 甲府には何度も出かけているから、そのついでにそれぞれの武将たちの屋敷跡を訪ねている。横田高松は躑躅ヶ崎館の大手北側にあるが標柱が見つからなかった。山本勘助と一条信龍はちょっと離れた場所にあるから訪ねていない。鬼美濃と呼ばれた原虎胤はなぜか屋敷跡が伝わっていない。地図については現地の観光案内やパンフレットにあるはずだから、それらを参考にレッツパーリィ!
2007/05/06・2008/12/20・2015/04/17
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線・身延線「甲府」下車
山梨交通バス「武田神社」行きで終点下車