虎口跡
所在地 山梨県甲府市上曽根町
遺構 郭・土塁・空堀
現状 農地
目標物 石碑・案内板
史跡指定  
 
明応元年(1492) 油川彦八郎信恵が勝山城に拠り武田信縄と争う
明応7年(1498) 武田家の跡目争いは信縄が優位のうちに収束する
永正4年(1507) 信縄病没。14歳の武田信虎が家督を継ぐと信恵は再び勝山城で挙兵
永正5年(1508) 信虎、勝山城を攻め信恵は討死
永正12年(1515) 今川氏の援護を受けた大井信達が勝山城を占拠するが信虎がこれを撃退する
天正10年(1582) 天正壬午の乱で徳川軍が勝山城を修築する
 
参考 戦国の戦い/学研・甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
勝山城跡 郭跡の切岸 腰郭
 
 甲斐の内紛を象徴するかのような戦歴を誇る城はのどかな果樹園となっている。甲府市街から笛吹川を渡った上曽根地区に低い丘陵がある。昭文社の道路地図には勝山城跡として記載されている。こんな城が度々争乱の場となったのかと思うぐらいに低い丘だった。虎口跡に「沼田めぐり 攻めるにかたし勝山城」の碑が建つぐらいだから、当時は要害だったのだろう。大部分が農地となり他も竹藪となっているため見応えは今ひとつだった。
2005/09/17・2014/07/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線・身延線「甲府」下車
山梨交通バス「豊富」行きで「中村入口」下車
城跡までは徒歩10分程度