龍華院
所在地 山梨県甲府市上曽根町
遺構 消滅
現状 龍華院
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 源清光の八男禅師玄尊が屋敷を構え曽根氏を称する
天正10年(1582) 天正壬午の乱で徳川家康が曽根屋敷に宿営する
 
参考 武蔵武士/有峰書店新社・別冊歴史読本 武田一族のすべて/新人物往来社
 
 過去2度訪れている曽根屋敷跡はいずれも勝山城へ訪れたついでに立ち寄っている。龍華院が館跡だが、境内を散策しても遺構らしいものはなく、由緒書きを読んでも館跡であることを示すものはない。
2005/09/17・2014/07/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線・身延線「甲府」下車
山梨交通バス「豊富」行きで「間門」下車
屋敷跡までは徒歩10分程度