土塁
所在地 山梨県甲府市下曽根町
遺構 土塁
現状 實際寺
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
室町時代 武田信重の五男賢信が屋敷を構え下曽根を称する
天正10年(1582) 下曽根覚雲軒、織田氏に内通し武田信豊を討つ
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 武田氏の重臣として活躍した下曽根氏の屋敷跡。県立考古博物館の西にある実際寺が館跡で、墓地の南東に土塁が残っている。土塁の規模はかなり大きく写真の墓石と比較するとその大きさがわかると思う。ここへ訪れたときはやたらと暑かった。近くによっちゃんいかの工場がある。
2005/09/17
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線・身延線「甲府」下車
山梨交通バス「豊富」行きで「下曽根」下車
屋敷跡までは徒歩5分程度