南西尾根の横堀
所在地 山梨県笛吹市御坂町上黒駒
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 笛吹市指定史跡
 
天正10年(1582) 北条氏が築く。天正壬午の乱が終結すると廃城となる
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
一般的に紹介されるのは天下茶屋から縦走するコース
所要時間は90分程度だがアップダウンが激しい
幾度か途中で挫折した自分が選択したのは
三ツ峠入口のバス停から旧鎌倉街道を登るコース
道は明確で多少ガレているが急な登りもない
延々と続く九十九折れで飽きるが楽だと思う
所要時間は天下茶屋からと同じ90分程度だった
城域は広く南北600mに亘り遺構が展開する
南西尾根の横堀の大迫力に圧倒された
標高1575mの高所によくぞこれだけの城を!!
ただ、高いところにあるというだけではなく
手抜きのない山城が築かれたことに感動する城だった
 
御坂城跡 北尾根の横堀 北尾根の横堀と虎口
北尾根の横堀 大手の空堀 城内を通る御坂路
中央部の郭 南尾根の土塁 南尾根の横堀
最南端の郭 南尾根の堀切と土橋 天下茶屋から見た富士山
 
 本格的かつ巨大な城郭としては最高所にある御坂城。標高1575mと比高差600m超はダテじゃない。平成26年の正月に戦友と静岡県焼津市から藤枝市にかけての山城をいくつか登った。静岡県の山城だからさして比高差もなかったが、三つ目の山城あたりで膝にきてしまい、バテバテで山頂まで登り詰めたのだが、このときに体力の衰えを感じるようになった。何だか悔しくて何かを変えたくて筋トレを始めた。食事にも気を遣うようになり暴飲暴食は避けてプロテインやナッツ類を積極的に摂取した。その間も毎週のように雪の残る秩父や飯能の山城に通って足腰を鍛錬したのだが、努力は嘘をつかないというか、3ヶ月足らずで10キロ程度の減量に成功していた。ジーンズを買うごとにサイズがひとつ小さくなる。体脂肪は10%前後まで落ちていた。この頃から急に御坂城への憧憬が強くなった。
 定石通り天下茶屋から尾根へ取りつき挑んだが、呆気なく跳ね返された。アップダウンがきついのと孤独に耐えられない。それといちばんきついのが帰りのバスがない。本当に意地悪な時刻表だ。いわゆる地獄表ってやつだ。
 考え直した。天下茶屋にこだわるのはやめて三ツ峠入口から正攻法で御坂路を登ることにした。これが大正解で、せっかく登ってもまた下るの繰り返しがないから精神的に楽だった。普通の山城を3つぐらい登り下りするような馬鹿馬鹿しさがない。あれよあれよといううちに御坂峠へ着いた。3年ごしの野望だったからガッツポーズが出た。峠にあるほとんど消えかけた御坂城跡の案内板を読みつつ休息し、まずは北東尾根の遺構を見て歩き、それから中心部、最後に南西尾根の遺構まで隈なく歩いた。もう二度と来ないだろうから見逃しがないように丹念に。
 戦友が言っていたが、本当に標高1500mの高所に埼玉県の松山城や滝ノ城がドンと乗っかっているような山城だ。さすがに北条氏、手抜かりがないというか、こんなに用心深いから徳川に負けるんだぞと思いながら歩いていた。大げさじゃなく関東在住で城をやってる人なら一度は見ておくべき城だと思いますよね、ここは。
2016/12/20
 
公共交通機関 地図リンク
富士急行「河口湖」下車
富士急バス「甲府駅」行きで「三ツ峠入口」下車
登山道入口までは徒歩1分
城跡までは徒歩90分程度
特記事項