駒井屋敷
 
 
駒井屋敷跡
所在地 山梨県韮崎市藤井町駒井
遺構 土塁・水堀
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
鎌倉時代 武田信政の四男駒井信村が屋敷を構える
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 新府城を皮切りに韮崎駅までの道筋にある武田氏家臣の屋敷跡を訪ねてみた。駒井氏や今福氏などの屋敷がそれほど遠くない間隔で残っていたから退屈せずに歩くことができた。
 武田信玄の時代に活躍した駒井政武は有能な人だった。彼が遺した高白斎記は武田氏研究の一級史料であり、数百年を経た後も僕らは政武の恩恵に浴していることになる。信玄に近侍していた政武は信濃侵攻でも活躍し、朝廷や他国の大名との交渉なども受け持った文武に秀でた武将だった。息子の右京進昌直もまた有能な武将で駿河深沢城代を任されていた。
 駒井氏の屋敷跡は民家となっているから立ち入るわけにはいかず、道沿いから眺めるだけだが、写真の竹藪が土塁で水路が堀跡だ。竹藪なので冬場でもそれほど景観に差はなかろう。
2014/10/21
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「韮崎」下車
山梨交通バス「増富温泉郷」行きで「駒井」下車
屋敷跡までは徒歩3分程度