移築された石和陣屋の門
所在地 山梨県笛吹市石和町八田
遺構 書院・土塁・水堀
現状 スコレー公園
目標物 案内板
史跡指定 山梨県指定史跡
 
戦国時代 八田政清が屋敷を構える
天正10年(1582) 織田軍の侵攻により兵火にかかり焼失
 
参考 山梨県の歴史散歩/山川出版社
 
 
八田家書院 土塁 土塁
 
 八田氏は常陸の豪族八田宗綱の末裔という。戦国時代には八田家重が武田信玄に仕え蔵前奉行として年貢の徴収や軍糧の輸送を務めていたが、織田勢が甲斐に攻め込んだときに館は焼失した。八田家重は末木の地を拝領し姓も末木と改めていたが、武田氏滅亡後は徳川家康に庇護され政清の代に八田姓に復した。江戸時代になると八田家は苗字帯刀を許され3千4百坪の屋敷地を御朱印地として安堵された。
 屋敷跡は石和温泉駅から徒歩15分ほどのスコレー公園の一部となり開放されている。内部見学は有料で休園日があるので注意。入口の長屋門は石和陣屋の門を明治7年(1874)に八田家が譲り受けたものである。書院は慶長6年(1601)に造られたとされ格調高い武家書院の様子を今に伝えている。屋敷の北面には土塁が残されており見所の多い史跡だった。
2007/05/06
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「石和温泉」下車
屋敷跡までは徒歩15分程度