武田信重館
 
 
成就院
所在地 山梨県笛吹市石和町小石和
遺構 消滅
現状 成就院
目標物 案内板
史跡指定  
 
室町時代 武田氏14代当主武田信重が居館を構える
宝徳2年(1450) 信重、黒坂氏との合戦中に穴山伊豆守の急襲を受け討死
 
参考 武田一族のすべて/新人物往来社
 
 
成就院案内板 武田信重の墓  
 
 武田信玄の威信が大きすぎるためか、武田氏というと甲斐守護として君臨してきたイメージがあるが、実際のところは波乱万丈の歴史を繰り返しでいる不遇な一族だと思う。ケチのつき始めは鎌倉時代で、甲斐源氏の勢力を恐れた源頼朝から疎んじられ一族が誅殺されている。その後も順風満帆とはいかず歴代当主たちは苦心惨憺の歴史を受け継いでいる。
 信重自身も上杉禅秀の乱で敗死した武田信満の子で、父が討死した後は高野山へ入り出家している。室町幕府の命により甲斐へ入国したものの、甲斐は守護と国人領主との間での抗争が絶えず、守護不在の状態だった。信重も幕府と鎌倉公方との対立に巻き込まれるかたちとなり、西国へ逃げて隠棲生活を送った時期があるという。挙句の果てに信重は穴山伊豆守の急襲を受けて討死し、波乱と不遇の生涯を閉じている。
 小石和にある成就院が武田信重の居館跡と伝わるが、境内には信重の墓碑がある他は何もない。遺構は失われており、成就院の由来を記した案内板に信重館の居館があったことが簡単に記されているだけだった。
2014/07/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線・身延線「甲府」下車
山梨交通バス「奈良原」行きで「小石和」下車
館跡までは徒歩5分程度