龍泉寺
所在地 山梨県笛吹市石和町東油川
遺構 土塁・水堀
現状 龍泉寺
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
室町時代 武田信昌の次男油川信恵が居館を構える
永正5年(1508) 油川信恵、武田信虎と坊峰で戦い討死
 
参考 武田一族のすべて/新人物往来社
 
 甲府市街地の南方に位置する旧石和町の東油川にある龍泉寺が油川氏の居館跡である。油川信恵はとにかく一族の火種ともいうべき厄介な人で、兄貴と抗争し、甥っ子とも戦い、その挙句に討死している。大人しくしていれば一族の重鎮として重用されたものを結局は自分で身の破滅を招いている。館が置かれたあたりは笛吹川の氾濫が繰り返されたために遺構は早くから失われているが、土塁と水堀の名残が少しだけ残っていた。
2014/07/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR身延線「南甲府」下車
館跡までは徒歩60分程度