能見城主郭跡
所在地 山梨県韮崎市穴山町
遺構 郭・土塁・空堀
現状 山林
目標物 石碑・案内板
史跡指定  
 
天正9年(1581) 武田勝頼の居城新府城の外郭として築かれる
天正10年(1582) 天正壬午の乱で徳川家康が新府城に着陣したときに能見城を修築し防塁を構える
 
参考 戦国武田の城/有峰書店新社・甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
中央本線の穴山駅で下りると目の前に能見城がある
穴山駅には穴山氏についての案内板があり
能見城の山肌には城跡の看板があるのですぐわかる
城跡そのものの遺構はほとんどないが
山裾に土塁と空堀が残る場所がいくつかある
御名方神社が黒駒砦跡で見事な横堀が残っている
東の崖線沿いから御崎神社にかけてが堂坂砦跡
案内板はあるものの目立つ遺構は見られない
 
能見城跡 西麓桝形虎口の土塁 西砦跡
帯郭 主郭跡の土塁 能見城跡からの眺望
黒駒砦跡の土塁と横堀 黒駒砦跡の土塁と横堀 黒駒砦跡の土塁と横堀
堂坂砦跡 堂坂砦跡の段郭 堂坂砦跡からの眺望
 
 山梨県へは数えきれないほど訪れている。武田の城が好きということもあるが、何よりも山梨の風土や風景が好きだ。甲府よりも人の少ない韮崎から北の街並みが好きだから新府や穴山を好んで起点にしている。その関係で能見城は何度も訪れている。最初は何もない城跡だと思っていた。事実、能見城跡はとても城跡と思えないぐらい何もない。あとから防塁がよく残っていることを知った。それからは訪れるたびに防塁を見て歩いた。
 城跡そのものの歴史がはっきりしない。新府城の防衛ラインとして武田勝頼が築いたというが、穴山氏の要害が築かれていた可能性も捨てきれず、能見城跡の主郭跡には守屋氏発祥の地という石碑もあるから守屋氏の居館があったのかもしれない。とにかく今見られる遺構は新府築城後の武田氏と徳川氏が手を加えたものというのは間違いない。
 真冬に行けばいいのに残暑が残るような時期ばかり訪れている。だからあまり綺麗な写真が撮れていない。行くたびにトノサマバッタやキリギリスとご対面している有り様だった。穴山駅の西にも西砦があるが、9月に訪れようとしたけど草が生い茂り入れるようなものじゃなかった。そもそもどこから入ればいいのかもわからなかった。黒駒砦がいちばん見応えがあった。御名方神社を中心にした横堀が素晴らしい。堂坂砦は案内板こそあるけれど砦跡の遺構は今ひとつ。ただ、ここから見下ろす風景はとても美しい。
2004/03/21・2013/10/02・2014/09/11
 
公共交通機関 地図リンク
中央本線「穴山」下車
城跡までは徒歩5分程度