信虎誕生屋敷
 
 
案内板
所在地 山梨県笛吹市春日居町下岩下
遺構 消滅
現状 農地
目標物 案内板
史跡指定  
 
明応3年(1494) 武田信虎がここで誕生したと伝わる
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 岩下越前守館は笛吹市と山梨市の境界近くに存在していた。信虎がこの館で誕生したという伝承の真偽は不明だが岩下氏という豪族がこの地に存在したのは間違いないようだ。その出自についてはわからない。おそらく国人衆のひとりか。岩下氏が居住する以前には甲斐守護代だった跡部氏の居館が構えられていたとの伝承もある。なお、発掘調査では中世の建築物遺構が確認されている。
 館跡はJR中央本線の春日居町駅のすぐ北西にあり稲荷神社や大徳院という寺社が建ち並ぶ中にある畑に館跡を示す案内板が設置されている。遺構はまったく存在していないが地割は残っており、畑を巡る水路が堀の役目をしていた名残りかもしれない。
2008/12/20
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「春日居町」下車
館跡までは徒歩15分程度