兜山
所在地 山梨県笛吹市春日居町寺本
遺構 郭・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 武田氏が烽火台を設置する
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 武田氏が烽火台を置いた標高913mの立派な山容を誇る兜山は室町時代に武田信昌と争い敗れた守護代跡部氏が逃げ込んだという伝承も持つ。いずれにしても内乱が続いた甲斐をずっと見下ろしていた名峰だ。
 春日居町駅から春日井ゴルフ倶楽部方面へ歩き、ゴルフ場を巻くようにしてハイキングコースへと至る。兜山の山頂付近には自然地形との区別がつかないものの堀切状の地形が残るようである。ここからの眺望は利かないでさらに登ったピークに眺望の開けた場所がある。こちらが烽火台として使用された場所かもしれない。とても眺望に優れた山というので城跡巡りとは別として登ってみたい。
2014/12/17
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「春日居町」下車
登山道入口までは徒歩30分
特記事項