空堀
所在地 山梨県笛吹市八代町高家
遺構 郭・土塁・空堀
現状 山林
目標物 石碑・案内板
史跡指定 笛吹市指定史跡
 
室町時代 穴山氏が居城する
宝徳2年(1450) 穴山伊豆守が武田信重を急襲し敗死させる
大永3年(1523) 穴山信永、花鳥山で南部氏と戦い敗れ小山城も落城
天文17年(1548) 武田晴信、小山城を攻め南部氏を破る
天正10年(1582) 天正壬午の乱で徳川家康の家臣鳥居元忠が廃城となっていた小山城を修築する
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
小山城跡 主郭跡 土塁
空堀 土塁 東側の虎口
 
 戦友とともに夏の甲州へ出かけた。盆地の夏は暑い。ちょうどこの頃、セブンイレブンに置かれていた氷点下三ツ矢サイダーで何度か喉を潤した。小山城は古府中から御坂峠を越える鎌倉街道の近くに築かれた城で、長く国人領主の争いが続いた甲斐国では重要視されてきた城だ。旧八代町役場の東に位置する丘が城跡であり、虎口の前に車用の駐車スペースがあるので便利だ。
 単郭ながら広大な面積を有する城だった。土塁の規模と空堀の深さは相当なものだが夏なので草が生い茂り写真だと伝わりづらい。単純な造りの城ではあるが、要衝に築かれていたことから戦国時代末期まで使用されている。甲斐と言えば武田氏の本拠というイメージが強いが、武田氏が盤石な領国体制を構築したのは信玄の父信虎の代からであり、それまでは国内の小領主や同族争いが激しく、守護職にありながらもその地位は心もとないものであったようだ。同族の穴山氏が小山城から程近い守護館を攻撃していることでもそれは窺える。身延の南部氏がここまで進出してきていたのにも驚いた。
 こうして見ると武田氏の栄耀栄華というのは信玄の時代だけだったのではないかと思える。小山城の探訪はそれを改めて教えてくれた。周辺は果樹園が広がり、収穫を待つ熟した桃がとても美味しそうだった。
2014/07/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線・身延線「甲府」下車
山梨交通バス「敷島営業所」行きで「八代四ツ角」下車
城跡までは徒歩30分程度