武田信守館・赤甲城
 
 
清道院
所在地 山梨県笛吹市八代町北
遺構 土塁・空堀
現状 清道院
目標物 標柱・案内板
史跡指定  
 
南北朝時代 武田氏11代当主武田信成が居館を構える
応永5年(1398) 信成が出陣中に居館は攻撃をされたと伝わる
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 
館跡標柱 井戸跡 信成夫人の墓
 
 旧八代町役場の北方にある清道院が武田信成の居館跡というから立ち寄ってみた。土塁と堀の痕跡が一部に認められ、当時のものかは不明だが井戸も残っている。躑躅ヶ崎館を除けば、平地に築かれた武田氏歴代の居館は笛吹川の水害によりほとんど湮滅してしまっているが、信成館は辛うじて館の痕跡を保っていると思う。南北朝時代の館だから痕跡が残るのは奇跡的だ。
2014/07/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線・身延線「甲府」下車
山梨交通バス「敷島営業所」行きで「八代四ツ角」下車
館跡までは徒歩10分程度