大屋敷
 
 
館跡標柱
所在地 山梨県笛吹市八代町北
遺構 消滅
現状 農地
目標物 標柱・案内板
史跡指定  
 
平安時代末期 奴白信清が居館を構える
明徳2年(1450) 穴山氏に攻撃された武田信重が自刃。子基経は奴白館へ落ち延びる
 
参考 甲斐の山城と館/戎光祥出版
 
 奴白は「ヌバク」と読むが八代にも通じ、こちらは「ヤツシロ」と読む。早い話がどちらも同じ武田氏の一族である。逸見清光の子信清が当地に屋敷を構えて奴白氏を称したという。
 旧八代町役場の北東にある八代醸造付近が奴白氏の居館跡伝承地であり、今も竹之内の地名が残っている。遺構はまったく失われているが、ブドウ畑に館跡の標柱と案内板が設置されている。標柱は良いのだが、案内板はなぜか畑の方向に向かって設置されているために文字が読めない。フドウに読ませると甘く実るのだろうか。案内板の奥には石碑と古い墓があるのだが、こちらも生い茂るブドウに阻まれてよく見えなかった
2014/07/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線・身延線「甲府」下車
山梨交通バス「敷島営業所」行きで「八代四ツ角」下車
館跡までは徒歩15分程度