深志城・烏城
 
 
天守
所在地 長野県松本市丸の内
遺構 天守・櫓・郭・土塁・水堀・石垣
現状 松本城公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 国指定史跡
 
永正元年(1504) 島立貞永が築城
天文19年(1550) 武田氏の侵攻により落城し馬場信春が城将となる
天正10年(1582) 武田氏が滅ぶと木曾義昌の所領となるが本能寺の変後に小笠原氏が奪還する
天正18年(1590) 豊臣氏に仕えた石川数正が10万石で入封
慶長18年(1613) 石川氏改易により小笠原秀政が8万石で入封
小笠原氏が移封された後は松平氏、堀田氏、水野氏、松平氏が入封
明治2年(1869) 松平光則のときに版籍奉還を迎える
 
参考 よみがえる日本の城/学研・日本の城を復元する/学研・城郭と城下町/小学館
 
 
松本駅から北へおよそ15分ほど
三の丸は市街地と化しており本丸と二の丸が残る
外堀も東側の一部だけが残るのみとなっている
漆黒の天守に小天守と月見櫓が完存しているのが見どころ
城門も復元されて昔日の面影が甦った
朱塗りの橋と水堀のコントラストがとても美しい
 
二の丸跡の土塁と水堀 本丸跡の水堀 本丸跡の水堀と石垣
本丸跡の水堀 埋門 馬出し
復元された黒門 復元された黒門一の門 水門跡
月見櫓 天守と月見櫓 天守内部
 
 東日本では最大の現存天守が残る城です。いつ見ても美しいと思う城で、天守ももちろんですが、水堀と朱塗りの橋と石垣の調和する姿に見惚れてしまいます。桜の季節、紅葉の時期、そして雪化粧と四季折々の姿を見せてもらいました。
 近世城郭としての遺構を残す松本城ですが、基本的な縄張りは小笠原氏の支城が築かれた頃の方形居館から発展したものです。小笠原氏の居城は東に聳える林城であり、松本城は一族の島立氏により築かれました。その頃はまだ深志城と呼ばれており、武田氏が小笠原氏を追い出すと山城の林城は廃城となり郡代の馬場信春が深志城で政務を執りました。武田氏の滅亡と織田信長の横死で信濃の情勢は混沌としましたが、徳川家康の後ろ盾を得た小笠原貞慶が旧領の奪回に成功しています。小笠原氏は江戸時代にも松本城主に返り咲いていますね。
 天守は石川数正と康長父子が統治した時代に築かれたとされています。今の姿になったのはもう少し後の時代ですが、その原型は織豊期に完成していたようです。西の姫路城は白鷺城と呼ばれ、東の松本城は烏城と呼ばれるように色彩的には対照的ですが、どちらも美しい城です。やや小ぶりではあるけれど僕は松本城のほうが武骨な感じがして好きですね。
2005/01/15・2011/10/12・2017/04/24
 
公共交通機関 地図リンク
JR篠ノ井線・大糸線・松本電鉄「松本」下車
城跡までは徒歩15分程度