井川館
 
 
土塁
所在地 長野県松本市井川城
遺構 土塁・水堀
現状 農地
目標物 案内板
史跡指定 松本市指定史跡
 
鎌倉時代 小笠原貞宗が築く
延徳元年(1489) 小笠原長朝が新たな居城として林城を築いたため井川城は廃城となる
 
参考 井川城跡案内板
 
 JR松本駅の南方3キロほどの平地に築かれていた信濃守護の居城です。田川と頭無川を水堀代わりとしていますが、周辺は住宅街となっており当時の地勢を知ることは困難でした。頭無川沿いの農道入口に井川城跡の道標があります。畑の真ん中に大きな樹木が生えているのが目印です。櫓台跡と伝わる塚がありますが、これが井川城の唯一の遺構です。案内板こそ設置されていますが、信濃守護として栄華を誇った小笠原氏の居館跡としてはあまりにも寂しい風景が広がっていました。
2011/10/12
 
公共交通機関 地図リンク
松本電鉄「西松本」下車
城跡までは徒歩15分程度