清水ヶ城
 
 
土塁と案内板
所在地 長野県松本市島立
遺構 土塁
現状 宅地
目標物 案内板
史跡指定  
 
永享2年(1430) 島立貞時が築く
永正元年(1504) 島立貞永、深志城を築き居城を移す
天文19年(1550) 武田氏の侵攻により落城
 
参考 信濃中世の館跡/信毎書籍出版センター・荒井城跡案内板
 
 松本市街地から野麦街道を西へ進み、奈良井川を渡ったあたりが荒井城跡です。細い路地が多くてわかりづらいですが、民家の庭先に唯一の遺構である土塁が残っており案内板が設置されています。城というよりも館規模の平城です。
2011/10/12
 
公共交通機関 地図リンク
松本電鉄「信濃荒井」下車
城跡までは徒歩5分程度