犬飼城
 
 
堀切
所在地 長野県松本市蟻ヶ崎
遺構 郭・土塁・堀切
現状 城山公園
目標物 案内板
史跡指定  
 
南北朝時代 犬甘氏が築く
天文19年(1550) 犬甘政徳のときに武田氏の侵攻により落城
 
参考 犬甘城跡案内板
 
 
城山公園が犬甘城跡であり車で登ることができる
公園化されているため改変が見られるが
堀切などははっきりと残っていた
横堀も残っているが少し味気ない雰囲気だった
昼間は家族連れで賑わっているし
夜は夜景スポットとして人気があるようだ
確かに眺望はなかなか綺麗だった
 
主郭跡の虎口 主郭跡 二の郭跡の虎口
二の郭跡 堀切 横堀
 
 松本市中心部の北西にある城山公園が犬甘城跡です。公園化のおかげで車でも容易に訪れることができます。広い尾根上は地形の改変もありますが、城としてのかたちは明確に残されていました。模擬櫓のような展望台からは松本平が遥か彼方まで見渡すことができました。
 武田氏が松本平へ侵攻したときに小笠原氏領内の城は次々と攻め落とされ、小笠原長時も林城を放棄して逃亡してしまいましたが、犬甘政徳は犬甘城で頑強な抵抗を見せたそうです。孤軍となった犬甘城も結局は落城するのですが、そのときの逸話として面白い伝承があるので紹介します。馬場信春が斥候に出たときに犬甘政徳は村上義清の援軍と勘違いし信春主従を出迎えてしまいます。待ちに待った援軍と思った相手が信春とわかると慌てて逃げ出しました。居城の犬甘城にも戻らず算を乱して潰走したため、信春は主空っぽになった犬甘城をまんまと手に入れたということです。真偽の程はわかりませんが、勇ましくも間抜けな話ですね。後に小笠原氏は松本城主に返り咲きましたが、犬甘氏も重臣として仕えています。
2011/10/12
 
公共交通機関 地図リンク
JR篠ノ井線・大糸線・松本電鉄「松本」下車
松本電鉄バス「アルプス公園」行きで「開松」下車
城跡までは徒歩10分程度