福山城
 
 
主郭跡の石積み
所在地 長野県松本市里山辺
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 長野県指定史跡
 
戦国時代 小笠原氏が築城
天文19年(1550) 武田氏の侵攻により廃城となる
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 
松本市街地から薄川沿いに東へ
千賀頭池の東にあるのが林小城跡
城山の西に登山道入口がある
そこから主郭までは15分程度で着いた
道が綺麗で適度に整備が行き届いた清潔感が良い
林小城と呼ぶだけあって林大城より規模は小さいが
石積みは小城のほうが良く残っている
主郭に巨大な土塁を築き背後の大堀切というのが
小笠原氏流のようで同じ様式の城が多い
巨大な竪堀が並走しているのも見どころ
図面はかなり略してあるので注意してください
 
林城小跡 中腹平場の石積み 二重竪堀
西尾根の郭跡 西尾根の堀切 北尾根の郭群
主郭跡 主郭跡の虎口 主郭跡の石積み
主郭跡の土塁 主郭跡の土塁 主郭跡背後の堀切
 
 4月下旬のよく晴れた日。偶然、その日は休日に当たった。それも連休の初日だった。平日が休みだとどこへ行っても空いているからありがたい。前日までどこへ行くか決めていなかったが、就寝する前に長野県の道路地図を眺めていると松本駅から林城までそれほど遠くないことに気づいた。そう言えば城跡の石積みをしばらく拝んでいない。その瞬間に松本へ行こうと決めた。
 高尾駅から鈍行で松本駅まではおよそ3時間20分。退屈で仕方がないし小淵沢でほとんどの人が降りると、さらに退屈になったので音楽を聴きながら車窓に目をやり過ごしていた。松本駅で立ち食い蕎麦を食べて腹ごしらえをしてレンタサイクルを利用して出発した。
 登山道入口を探すのにやや手間取り麓に着いたのは11時近くになっていた。登山道入口から登り始めてすぐに石積みが残る最初の平場へ着いた。山頂までは15分ぐらいだった。小城というぐらいだから砦規模のものかという先入観があったけど、目で見た遺構と規模はつまらない先入観を吹き飛ばすぐらいのものだった。主郭を囲む分厚い土塁と随所に見られる石積み群には目を奪われた。長野県内の山城は石積みを用いている城が少なくないが、それぞれの地域で産出する石が違うので、積み方や取り入れ方にも違いが感じられて面白い。この日最初に訪れた城がいきなり満点の城だったので足取りも軽く下山した。
2017/04/24
 
公共交通機関 地図リンク
JR篠ノ井線・大糸線・松本電鉄「松本」下車
松本市コミュニティバス「ローズガーデン」行きで「富士電機前」下車
登山道入口までは徒歩20分
城跡までは徒歩15分程度
特記事項