林城・金華山城
 
 
主郭跡の土塁
所在地 長野県松本市里山辺
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 標柱・案内板
史跡指定 長野県指定史跡
 
長禄3年(1459) 小笠原清宗が築城
天文3年(1534) 小笠原長棟が井川城から林大城へ居城を移す
天文19年(1550) 武田氏の侵攻により自落し廃城となる
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 
薄川に架かる金華橋の南側に登山道入口がある
最初は少し急な登りが続き一ノ門を過ぎると緩やかになる
そこからは傾斜は少ないものの長い登りが続く
麓から主郭跡までは遺構を散策しつつ30分程だった
尾根上には無数の郭が連続している
狭い面積で土塁を伴う郭は武者隠しのように見える
馬出しを経て広い面積を誇る二郭へ
低い土塁が郭の縁を守っている
深い堀切と土橋を渡り馬出しを経て主郭跡へ着く
重厚な土塁が四周する広大な郭だ
主郭の背後には堀切が連続して続いている
東尾根を下ると井戸があり三重の堀切が尾根を断ち切る
林小城と違い石積みはそれほど多用されていない
あってもほとんどが崩落してしまっている
守護の居城だけあって規模が大きく見応えがあった
 
林大城跡 一ノ門跡 堀切
尾根上の続く段郭 堀切と土橋 二の郭跡手前の堀切
二の郭跡手前の馬出し 二の郭跡の土塁 主郭跡手前の堀切と土橋
主郭跡の土塁 主郭跡の石積み 主郭跡東の腰郭
井戸跡 東尾根の三重堀切 中腹からの眺望
 
 高校生の頃に読んだ本に林城のことが紹介されていた。モノクロの石積みの写真を見て「この目で確かめてみたい」と思ったものだ。それから30年以上の歳月が過ぎた。好奇心旺盛な少年は初老に差し掛かったわけだが、好奇心だけはひとつも変わってはいなかった。
 早起きをしてJRの普通列車で松本までは4時間以上も電車に揺られた。松本駅近くのレンタサイクルを利用して城攻めへ向かう。林小城を軽々と攻め落として小笠原氏の居城として君臨した林大城へと向かった。麓から尾根へ出るまでは急な登りだったが、そこからは比較的なだらかな道となる。山道の両脇には無数の段郭が連なっている。居住空間としては狭すぎるので完全に敵を迎え撃つための構えだと思った。山道を登ってきた敵に矢を射かけるための工夫だろう。
 長い長い道を登り詰めると広々とした馬出しへ着いた。ここに標柱と案内板があった。ここへ至るにも堀切と細い土橋で直接入れないように防備の工夫が施されている。二の郭にある東屋で少し休んだ。山城を続けざまに登るのはやっぱり疲れる。山頂からの眺望が利かないので余計にそう思う。しばし休んでから主郭へ登った。高校生のときに本で見た石積みがあった。まともな石積みが残るのはこれぐらいであとは崩落したか、それほど多くの石を用いなかったのか。少しがっかりしたが重厚な土塁に目を見張る。主郭背後から続く南尾根の堀切は図面で見るほど迫力はなかったので、東尾根へと歩いてみた。姫の化粧井戸なる井戸があるが、本当に姫君が使ったのかはわからない。髭面の武者が顔を洗っただけかもしれない。その先に連続する堀切が尾根を断ち切っている。ラクダの瘤のように盛り上がる様は迫力があった。写真では上手に伝え切れないけど近くで見ると見事なものだ。
 再び主郭へ戻りベンチに腰かけて一服する。この日は気温が上がったのでけっこう汗をかいた。喉がカラカラだったのでドリンクを一気に飲み干してしまった。この先にはお店も自販機もないことも知らないで。それはさておき、さすがに守護の居城となった山城だ。武田氏の要害山城と造りがよく似ていると思った。4月下旬だったけど信州の桜は満開だった。川沿いに咲き誇る桜と菜の花、綺麗だったな。
2017/04/24
 
公共交通機関 地図リンク
JR篠ノ井線・大糸線・松本電鉄「松本」下車
松本市コミュニティバス・入山辺線で「里山辺出張所前」下車
登山道入口までは徒歩7分
主郭跡までは徒歩30分程度
特記事項