二の郭跡の虎口
所在地 長野県松本市入山辺
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 長野県指定史跡
 
寛正元年(1460) 桐原真智が築く
天文19年(1550) 武田氏の侵攻により自落し武田氏の支配下となる
天正10年(1582) 小笠原貞慶が松本城を奪回。桐原氏も桐原城へ戻る
天正18年(1590) 小笠原氏が下総古河へ転封となり桐原城は廃城となる
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 
桐原バス停付近から坂道を登ると追倉沢沿いに登山道あり
獣除けフェンスから山道へ入ると竪堀が見られる
南尾根から登る途中に二重堀切が2か所ある
道標に従い進むと中心部の石積みが見えてくる
幾重にも廻らされた石積みはとても見事だった
二郭から主郭にかけては夥しい石積みが残る
かなり崩落しているが実に素晴らしい遺構だ
主郭背後には巨大な堀切が連続する
桐原城の特徴は縦横に廻らされた竪堀だろう
図面はかなり割愛して書いているが
迷路のように連なる竪堀を築いた意図はなんだろう
見ていてとても不思議な気持ちになった
 
桐原城跡 竪堀 南尾根の二重堀切
南尾根の二重堀切 南尾根の二重堀切 竪堀
三の郭跡の石積み 二の郭跡の石積み 主郭跡
主郭跡の虎口 主郭跡の土塁 主郭跡
主郭跡の石積み 主郭跡背後の連続堀切 登山道からの眺望
 
 4月下旬、平日の休みを利用して松本へ訪れた。長野県には何度か訪れているが、松本市の城郭探訪は久しぶりだった。高尾駅から松本行きの普通列車に揺られること3時間20分。小淵沢を過ぎたあたりから眠くなり、何度か居眠りをしているうちに松本へ着いた。
 最初に林小城へ訪れてから林大城へと登った。林小城の項から順番で見て頂けると桐原城までの物語がよくわかると思う。さすがに山城探訪も3つ目となると疲れてくる。この日は初夏のような天気で思ったよりも気温が上がった。おまけに林大城で飲料を飲み干してしまっている。飲み物を買いたくても店もなければ自販機もなかった。桐原城まではけっこうな登り坂が続き体力的にもかなりきつかった。登山道を登る途中に2回ほど休憩をした。いつもなら勇んで登るところだけど、予想外の暑さにやられて足もとがふらついていた。ここまで来たからにはてっぺんまで行きたい。その一念だけで山道を登り続ける。
 山道から竪堀はいくつも見えたが、ようやく二重堀切まで着いた。自然崩落しているのか二重には見えなかった。再び登り始めるとまた二重堀切の案内板が建っていた。ここは確かに二重になっているが喰い違いの木戸のようにも見える。石が転がっていて足場が悪く何度かつまずいた。疲労が相当に溜まってきているのがわかった。巨大な竪堀を越えていよいよ中心部へ入る。すると想像を遥かに上回る石積みが現れた。唖然とするほどの石積みにしばし見惚れてしまった。ここへ来る前に訪れた2つの林城にも石積みはあったが桐原城のそれは規模が違う。崩れ去った石積みは古城という言葉がとてもよく似合う。二の郭跡の崩落した虎口を通り過ぎて主郭へと向かった。主郭の虎口も大きく崩れてはいるが原型は保たれている。壁面には今にも崩れ落ちそうな石積みが残っていた。
 近世城郭の石垣とは違い、中世城郭の石積みはどうしても崩れやすい。それが自分にはたまらなく好きに思える。長い間の風雪に耐えてきた姿をこの目に焼き付けたいと思った。写真では決して伝わらない迫力だからだ。アドレナリンが噴き出したのだろうか、帰路は疲れも半分ぐらいまで吹き飛んでしまったようだ。往路が登り坂ばかりだったから帰路は楽だった。松本の市街地近くまで自転車のペダルは一度も漕がなかった。頬を切るような風がとても心地良かった。
2017/04/24
 
公共交通機関 地図リンク
JR篠ノ井線・大糸線・松本電鉄「松本」下車
松本市コミュニティバス・入山辺線で「桐原」下車
登山道入口までは徒歩20分
主郭跡までは徒歩25分程度
特記事項