主郭跡
所在地 長野県長野市箱清水
遺構 郭・土塁
現状 健御名方富命彦神別神社
目標物 案内板
史跡指定  
 
南北朝時代 この時代に城郭が築かれたという
弘治元年(1555) 川中島の戦いで上杉謙信が布陣する
 
参考 横山城跡案内板
 
 
主郭跡の土塁 二の郭跡 腰郭跡
善光寺 善光寺の土塁  
 
 横山城は善光寺の東側の丘に築かれた城だ。川中島の戦いで上杉謙信が何度かここに布陣している。信仰心の塊だった謙信らしい陣所だ。実際に善光寺の周囲には土塁と堀が残っている。寺院の格式を物語ると同時に戦いの歴史を伝える遺構でもある。
 友人と春日山城へ行こうという話になり、長野駅で待ち合わせをした。約束の時間より早く到着して善光寺詣りをしようと計画した。なるほど立派な寺だが、ちょうど修築工事の真っ最中で少し味気なかった。気を取り直して横山城へ立ち寄ってみた。謙信の本陣が置かれた城のわりには、あまり遺構は明確に残っていなかった。健御名方富命彦神別神社が主郭跡で本殿の後ろに土塁があり、東側斜面に腰郭が見られる程度だった。城内を通る道路は当時の堀切だろうと思うが、古城らしい雰囲気を多少は感じるものの、ここに立ち川中島合戦の光景を思い浮かべるのは難しかった。
2013/10/15
 
公共交通機関 地図リンク
長野電鉄「善光寺下」下車
城跡までは徒歩5分程度